Welcome to musicologist Norito Nakamura’s website

ベートーヴェン・近代形式学200年来の謎と言われるピアノソナタ作品54形式分析の問題を、シェーンベルク・ラッツ・キャプランの「形式機能理論」、ヘポコスキー・ダーシーの「ソナタ理論」、ジャネット・シュマルフェルトの「ベートーヴェン・ヘーゲル主義の伝統」の現代の形式学の3つの代表的な理論の妥当性の問題と、「2楽章ソナタ」をはじめとする「多楽章サイクル」、「イデー・フィックス」「2重機能形式」をはじめとする”Formal Cyclism”、「ソナタ形式によるロンド」をはじめとする「古典派ソナタロンドの多様性」の、18世紀のソナタにおける形式学の3つの代表的な問題から、解明する研究を続ける。

I am researching the problem of Beethoven piano sonata op.54 2nd movement,that is a mystery in Beethoven Study,and “Formenlehre” since 200 years ago,from the view of point of the validity of  3 tipycal theories,,”Formal Functional Theory “by Schoenberg,Ratz,Caplin,”Sonata Theory” by James Hepokoski,and Warren Darcy,”Beethoven-Hegerian Tradition” by Janet Schmalfeldt,and 3 tipycal problem in the 18th century sonatas,”multi-movement cycle”.such as  “two movement sonata “,”Formal Cyclism” such as “Idee Fix””double funcional form”,and “the variety of sonata-rondo mixtuer” such as “rondo by sonata form”.