Biography

中村典斗経歴
音楽学者
専門分野は形式学。
研究テーマは、ベートーヴェン研究・近代形式学200年来の謎と言われるベートーヴェンピアノソナタ作品54第2楽章形式分析研究。
現在、特に「第2楽章ソナタロンド論証」を中心に、シェーンベルク・ラッツ・キャプランの形式機能理論、ヘポコスキー・ダーシーの「ソナタ理論」、ジャネット・シュマルフェルトの「ベートーヴェンヘーゲル主義の伝統」の3大形式学諸理論の妥当性を検証する研究を続ける。
東京芸術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を経て、同大学院修士課程音楽研究科器楽専攻修了。
第57回日本音楽コンクールピアノ部門入選。北ドイツにて、コンラート・ハンゼンクラヴィアマスタークラス修了。
2001年4月から2006年3月、名古屋芸術大学音楽学部器楽科ピアノコース非常勤講師。
ピアノを故堀江孝子、コンラート・ハンゼン、和声法を国越健司、Bibliography Skillsをウィリアム・E.キャプラン、バリー・クーパー、ウィリアム・ロススタイン,の各氏に師事。
日本音楽学会正会員。全日本ピアノ指導者協会正会員。

Musicologist
1989 The Finalist at the Piano Departure of the 57th Japan Music Conpetition.
1990 Graduated from the Tokyo National University of Fine Arts and Music
1992 Graduated from the Graduate School of the Tokyo National University of Fine Arts and Music. 1993 Studied piano under the Conrad Hansen at the Conrad Hansen’s Master Class in North German. 2001~2006 A part time lecture of Piano at Nagoya University of Arts.
 Speciality  is ”Formenlehre”
Subjet is Analysis of Beethoven’s piano sonata op.54 2nd movement,called a mystery of Beethoven Study and study of modern musical form sicne 200 years.
From April 2001 to March 2006,Part-time lecture of piano at Nagoya University of Art
Studied harmony and bibliography skills under William E.Caplin,Barry Cooper,William Rothstein.The regular member of the Musicological Society of Japan,and Piano Teacher’s National Association.